PARTY REPORT

Masakazu&Maiko

Masakazu&Maiko
『もうひとつのプロポーズの場所、パークウエストンで』趣味のバトミントンがきっかけで交際を始めたおふたり。新婦舞子さんのお誕生日にサプライズでディズニーランドに招待した征和さんからその日の夜にプロポーズ。しかし、その日間に合わなかった指輪を渡すために後日再びサプライズプロポーズを計画。その場所に選んだのがパークウエストンのチャペル。美味しい料理に素敵な雰囲気のレストランがある場所、そして何より真っ白で“まるでディズニー映画のワンシーンのような雰囲気で指輪を渡せる場所があるから”と征和さんは、以前から気になっていらっしゃたとか・・・レストランでお料理を召し上がったあと、征和さんは席を外しこっそりチャペルでスタンバイ。後からチャペルにやってきた舞子さんに指輪を渡し、サプライズプロポーズは大成功!その日お二人にとってもう一つのプロポーズの場所となり、その場所で晴れの日を迎えることを決意されました。大切なゲストが楽しみ喜んでくれる温かい披露宴にしたい、感謝の気持ちを伝えたいというお二人の思い通り、沢山の笑顔と祝福が溢れる一日になりました。
DATE
2016.11.16
CEREMONY
チャペル
BANQUET
ボールルーム

INTERVIEW

挙式の内容・感想は?

最初のプロポーズで間に合わなかったため、指輪を渡すためにサプライズプロポーズをした思い出のチャペルで愛の誓いを。挙式後リニューアルしたエントランス大階段での華やかなフラワーシャワーに、交際のきっかけになった
バトミントンにちなんで、ブーケトスならぬ“シャトルトス”。シャトルをゲットしたお友達にはプレゼントを!

披露宴・パーティの内容・感想は?

アグネスのパティシエさんに作っていただいたウエディングケーキは、思い出の場所、そして最初のプロポーズの場所であるディズニーランドのシンデレラ城をイメージ。ナイフの代わりは、なんとバトミントンのラケット!
感謝の気持ちをつたえたいという思いから、お色直しの退場は、大好きなお母さんや仲良しの妹たちと・・・。
友人たちによるサプライズダンスやプロフィールDVDによみがえる思い出に思わず笑顔がこぼれました。

演出の内容・感想は?

趣味のバトミントンを取り入れた演出に笑いが溢れました。

スタッフの対応・感想は?

サプライズプロポーズの時から、パークウエストンのスタッフの皆様には、本当にお世話になりました。

Copyright © PARK WESTON All Rights Reserved.

↑ PAGE TOP